疾患啓発サイトを活用するためのSEO対策(検索エンジン最適化)とは
疾患啓発サイトを活用するためのSEO対策(検索エンジン最適化)とは
適切な情報を伝えて受診を促し「処方増」につなげるためにも、Webサイトを“対象の人”に見てもらう必要があります。しかし、日々の訪問数が増えず、広告頼みになっているというケースを数多く耳にします。本資料では、なぜ訪問数が増えないのか、SEO対策として何をすべきなのか?を解説するとともにサービスをご紹介します。


■資料名

疾患啓発サイトを活用するためのSEO対策(検索エンジン最適化)とは

こちらから数ページをお試し読みいただけます>>

▼本資料をお申し込みいただいた方には、株式会社メンバーズ及び、メンバーズメディカルマーケティングカンパニーから情報提供等やご連絡をさせていただく場合がございます。

■目次

・DTCサイトを有効活用できていますか?
・DTCサイトの目的・価値とは?
・Google検索で自社サイトは表示されますか?
・なぜ、貴社のサイトはGoogleで上位表示されないのでしょうか?
・A.テクノロジーとしてのSEO対策
・B.コンテンツとしてのSEO対策
・メンバーズメディカルマーケティングの疾患啓発SEO対策サービス
・SEO対策サービス全体像
・STEP1 サイトアセスメントレポート作成
・STEP2 テクノロジーとしてのSEO対策
・STEP3 振り返りレポート作成
・STEP4 コンテンツとしてのSEO対策
・まとめ:DTCサイトのポイント

ダウンロード

▼お問い合わせ:株式会社メンバーズ EMCカンパニー 広報・マーケティンググループ:[email protected]