医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン(GL)が2019年4月より適用されるとともに、MRの人数も年々減少し製薬会社はマーケティングの変革が求められています。特にMRの人数の少ない会社や希少疾患向け薬剤を販売している会社は、効率性を高めるためにもデジタル活用が急務です。本資料ではデジタルマーケティング会社の視点から、製薬会社はどのように取り組めば良いのか、他業界の取り組みもご紹介しつつ、お話いたします。


■資料名

製薬会社はWebマーケティングにどう取り組めばよいか?DTC、BtoDの両面から考えてみる

こちらから数ページをお試し読みいただけます>>

▼本資料をお申し込みいただいた方には、株式会社メンバーズ及び、メンバーズメディカルマーケティングカンパニーから情報提供等やご連絡をさせていただく場合がございます。

■目次

医療業界が抱えるマーケティング上の課題
医療業界の抱えるデジタルマーケティング課題
医療業界のマーケティングの難しさ
製薬会社のマーケティングにおけるステークホルダーの関係
前提として
1、新規処方での影響
2、継続での影響
口頭だけでは忘れてしまう
DTCマーケティング
Webサイトの価値創出~理想の流れ~
疾患啓発サイトのポイント
患者の知りたいことは
患者の知りたいこと
事例:「喘息」のキーワード検索傾向
競合比較:関連キーワード(喘息)と検索順位
コンテンツが一番重要
(参考)コンテンツマーケティングとペイドメディアの違い
(参考)なぜコンテンツマーケティングが重要なのか?
使いやすいデザインとは
検索で上位に表示されるには
テクノロジーとしてのSEO対策
疾患啓発サイトのポイント
DTCのWebマーケティングまとめ
製薬会社のマーケティングにおけるステークホルダーの関係
医薬情報担当者(MR)のミッション
処方増を構造化して考えてみる
態度変容させるには?
4つのRで考える
ドクターをセグメントする
デジタルトランスフォーメーションとは?
情報の収集方法と提供方法のアンマッチ
PDCA運用が重要
製薬会社のマーケティングへの提言(1)
処方を増やすために、ドクターレベルの推移を追う
製薬会社のマーケティングへの提言(2)
改善の余地がある製薬会社のWebサイト

ダウンロード

▼お問い合わせ:株式会社メンバーズ EMCカンパニー 広報・マーケティンググループ:[email protected]