製薬会社各社は新薬のリリースに合わせるなど疾患啓発サイトの制作をしています。しかし、実際には作りっぱなしの状態で更新もされず患者の目に見られる機会が少ないのが実態です。また、疾患啓発サイトは製薬会社のビジネスにどのように貢献するのでしょうか?ユーザーにとって価値があり、製薬会社のビジネスに貢献する疾患啓発サイトとは何かをまとめました。


■資料名

【マンガ解説付き】疾患啓発とは?なぜ疾患啓発サイトは見られないのか?~サイトの価値とは~

こちらから数ページをお試し読みいただけます>>

マンガのお試し読みはこちらから>>

▼本資料をお申し込みいただいた方には、株式会社メンバーズ及び、メンバーズメディカルマーケティングカンパニーから情報提供等やご連絡をさせていただく場合がございます。

■目次

  • 疾患啓発サイトとは?疾患啓発サイトのありがちな制作事例
  • これまでの疾患啓発サイトと、これからの疾患啓発サイト
  • 疾患啓発サイトの活用で重要な要素
  • 患者が知りたいことは?
  • 使いやすいデザインとは?
  • 検索で上位表示されるようにする
  • テクノロジーとしてのSEO対策
  • 結論
  • では、疾患啓発サイトは製薬会社のビジネスにどのようにつながるのでしょうか?
  • 疾患啓発サイトに対する製薬企業の課題
  • 疾患啓発サイトに関わる法律・規制について
  • 疾患啓発サイトの価値
  • (1)新規処方での影響
  • (2)継続処方での影響
  • 口頭だけの説明では忘れてしまう
  • まとめ
ダウンロード

▼お問い合わせ:株式会社メンバーズ EMCカンパニー 広報・マーケティンググループ:[email protected]