memberspaper10_webcreative.png
memberspaper10_webcreative.png
広告代理店に“頼りすぎず”成果を出していくための、Web広告運用を学べる資料です。運用型広告の最新トレンドとユーザー調査を取り入れた、Web広告初心者でも取り組みやすい広告改善手法をご紹介します。

■資料名

Web広告の最新トレンド&クリエイティブの改善手法

こちらから数ページをお試し読みいただけます>>

■目次

広告/マーケティング概況
広告費のデジタルシフト
デジタル広告の潮流
インターネット広告の77%が運用型広告
運用型広告の変化
運用型広告  今昔
運用領域の多様化
運用型広告の変化

(1)広告運用 最新ベストプラクティス
機械学習への理解とヒトの運用領域
前提:媒体の寡占化
広告運用の最新ベストプラクティス
機械学習による自動入札の特徴(Google自動入札の例)
Google自動入札が入札を出し分けているパターン
機械学習促進のポイント
Googleが推奨する設定や運用方法の例
Facebookベストプラクティスの例
(参考)自動入札に絶対の自信をもっているGoogle


(2)ベストプラクティス実行のために
実行力を上げるUXアプローチ
運用型広告の改善パターン
運用領域の多様化
多様化するスキルセットへの対応
ユーザー調査を利用したクリエイティブ改善
広告運用におけるクリエイティブ開発のポイント
ユーザー調査を実施する意義
STEP1:ユーザー行動上の「どこに」課題があるかを発見する
広告系指標の基礎
分析セオリー
STEP2:「なぜ」課題になっているかを掘り下げる
ユーザー調査の活用
ユーザーの声は改善示唆の宝庫
その他、日々のWeb広告運用におけるユーザー調査活用シーン
まとめ
ダウンロード
▼お問い合わせ:株式会社メンバーズ 広報・マーケティンググループ:[email protected]