本セミナーは終了いたしました。
2018年3月7日(水)開催セミナー
「ミレニアル世代に共感される、新しいグローバルブランドデザイン」

情報は国境を越え、さらに早く広く伝わるようになりました。このような状況において、企業はよりグローバルなコミュニケーションを求められるようになってきています。ここで重要になるキーワードは、次の顧客である「ミレニアル世代」と「共感される新しいブランド」であると考えます。

今回のセミナーでは、北欧でLEGOやカールスバーグといった企業のデザインを手がけたデザインファームKontrapunktを、さらに日本において彼らと共にプロジェクトを行ったデンソーのキーマンを迎えて、ミレニアル世代に共感される新しいブランドとは何かについてをお話していきます。


▼概要

●日時:2018年3月7日(水) 15:00〜17:45(14:30受付開始)
●定員:30名・無料(主催企業と同業の方はご遠慮ください)
●対象:企業のマーケティング、広告宣伝、広報、経営企画、グローバルブランドのご担当者さま
●主催:株式会社メンバーズ
●会場:SHIBAURA HOUSE 1F(東京都港区芝浦3-15-4) アクセス
▼アジェンダ
●第1部 15:00〜15:30
「デンマークに学ぶ、未来から創造するデザイン思考(デンマーク視察報告)」
株式会社エンゲージメント・ファースト(メンバーズグループ) 代表取締役/株式会社メンバーズ 執行役員 原 裕
コトラーのマーケティング3.0におけるマーケティング目標は「より良い社会を創る」こと。企業がこれからの50年を生き残るためには、従来型のマーケティングではなく、社会解題解決を経営やマーケティング目的に取り入れていかなければなりません。今回は、社会課題解決をベースしたデザイン思考で多くのイノベーションを生み出し、国民幸福度第2位であるデンマークの視察から得たインサイトをご報告します。


●第2部 15:30〜16:00
「日本企業のミレニアル世代をファンにするブランドデザインにおける課題の分析」
株式会社メンバーズ UXデザイナー/デザインストラテジスト HCD-Net認定人間中心設計専門家 川田 学
ミレニアル世代にとって、「かっこいい」ブランドを好むのは当たり前です。その先にある意味性の価値のもと、企業にとってミレニアル世代と新たな関係性を作っていくためにどうすればよいのか、重要なメッセージとはどのようなことなのか、そしてそれらのメッセージは一貫性を持ったデザインで伝えられているのかなど、グローバルな企業ブランドと日本の企業ブランドを比較分析した結果をご紹介します。


●第3部 16:00~16:30
「Designing global brands for the Millennials/ミレニアル世代に共感されるグローバルブランドデザイン」
Kontrapunkt
情報が世界中に伝わるスピードは早くなり続け、ブランドロイヤリティは今までより早く効果を発揮するのか、消え去るのかがわかるようになっています。さらに、これからの顧客である「ミレニアル世代」がより影響力を持ち、企業に社会的な貢献を求めるようになっていきます。
だから今こそ企業には、本物のブランドが必要だと考えます。これからブランドはどうあるべきか?過去、現在のブランドのあり方から、これからの企業の信念によって作られる新しいブランドのあり方と、そこにデザインがいかに貢献できるかについてお話しします。


●休憩 16:30~16:40


●第4部 16:40〜17:10
「Rebranding Denso as a design company/デンソーをデザインの会社に変える」
株式会社デンソー+Kontrapunkt
私たちはDensoの何を変えたのか。新しいDensoのブランドのストーリーと、そのブランドをKontrapunktと共にどのように「共創」したのか、そしてその変化が顧客との関係にどのような影響を及ぼしたのかをお話しします。


●第5部 17:10〜17:30
「共創デザインのアウトライン」
株式会社メンバーズ+Kontrapunkt
クライアントであるみなさんとメンバーズ、kontrapunktは共にどのようなことを行なっていくのか、そのアウトラインと成果物のイメージについて具体的にお話しします。


●質疑応答・名刺交換 17:30~17:45

▼講師紹介
原 裕
株式会社エンゲージメント・ファースト(メンバーズグループ) 代表取締役/株式会社メンバーズ 執行役員

1984年、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル Inc.に入社。営業・マーケティングを経験後、J.Walter Thompsonのダイレクトマーケティング事業会社を経て、1999年9月よりメンバーズ入社。ダイレクトマーケティングの経験を活かし、ネットを活用した企業のダイレクトマーケティング支援ドメインに、戦略立案、施策提案、実行、検証のPDCAをベースに展開。2012年10月よりメンバーズの100%子会社、株式会社エンゲージメント・ファースト社を設立し現在に至る。
川田 学
株式会社メンバーズ UXデザイナー/デザインストラテジスト HCD-Net認定人間中心設計専門家
広告会社から2011年にメンバーズに入社。プロデューサー・プランナーとして、大手クライアントのWebコミュニティの企画運営、サイトのリニューアルを担当。2016年3月にそれまでの実績から、HCD-net認定人間中心設計専門家となる。現在はUXデザイナーとして専門部隊のリーダーを務め、企業の新規事業支援やサービス開発、メディア立上げ等をUXデザインアプローチで手がけている。
ボー リンネマン氏
Kontrapunkt デザインディレクター/代表取締役社長
デンマーク王立芸術アカデミー建築学校にて建築の教育を受けた後、主に国際的な企業のデザインやブランドアイデンティティ、ブランドタイプフェイスのデザインに従事し、世界のデザインシーンに影響を与え続けている。デンマークデザインアワードを17回受賞した他、数えきれないほどの国際的なデザイン賞の受賞歴を誇る。1985年コントラプンクトを共同設立。母校である王立芸術アカデミーでも教鞭をとり、2006年より武蔵野美術大学客員教授。
登録フォーム
濱口屋 有恵氏
Kontrapunkt.Japan 代表取締役
ネスレ・P&G,・Danoneではデザインコミュニケーションマネージャー、クリエイティブエージェンシーでは取締役として日本のデザインの現場で経験を積んだ後、アカウントマネージャーとしてKontrapunktに参加、2016年より代表取締役に就任。Kontrapunktの日本におけるビジネスを力強く牽引している。これまで15年間のキャリアの中で、ブランド一つ一つに沿ったコンセプトの立案と、それを実現する実行力を培い、全てのプラットフォームで活躍するブランドの力を提案している。特にTVCM・パッケージデザイン・雑誌広告など、ブランドと消費者との対話においては、消費者の目線に立った効果的なプロジェクトを実現する力がある。
フィリップ リンネマン氏
Kontrapunkt クリエイティブディレクター
2017年4月以来、Kontrapunkt.Japanのクリエイティブディレクターを務める。デジタル起業家としてのバックグラウンドを持ち、専門分野は、持続可能でスケーラブルなユーザー中心のデジタルプラットフォームの制作とシステムをゼロから構築すること。タイポグラフィーにも深い知識を持つ。Kontrapunkt参画以前は、デンマーク最大の銀行史上最も重要な製品とサービスをユーザー体験中心に制作。 さらに、ロンドンとコペンハーゲンの両方のブランドデザイン会社を経験し、アップルのKeynotesで数十万人のユーザーが参加し、その場で取り上げられた、デンマークのデジタルプラットフォームを開発した実績を持つ。
春田 登紀雄氏
株式会社デンソー 広報部 ブランド推進室長 クリエイティブディレクター
株式会社資生堂宣伝部入社。国内海外リーディングブランドのローンチに参加し、パッケージ、空間、映像、グラフィックのアートディレクションを行う。現在は、株式会社デンソー広報部にブランド推進チームを編成し、クリエイティブディレクターとしてグローバルシステムサプライヤーのブランディングを推進。Kontrapunkt社のBo氏とは2015年からタイプフェイスをはじめ、コーポレートやプロダクトブランドのVIツールを開発。
▼セミナーのお問い合わせ
株式会社メンバーズ セミナー運営事務局
E-Mail:marketing_secretariat@members.co.jp
Tel:03-5144-0650


▼セミナー運営会社
株式会社メンバーズ
〒104-6037
東京都中央区晴海オフィスタワーX37階
代表取締役 剣持 忠
メンバーズが提供するUXデザイン

スマートデバイスの進化・発展によりユーザーが重視する価値は今後ますます「体験」に移り変わっていきます。メンバーズではユーザー体験設計をUXリサーチから設計、実装、ユーザー評価まで一貫性を持った一連のサービスとして提供しています。